成分の分析・解説

ペニスサイズアップと精力アップの成分を分析
ペニスサイズアップと精力アップ成分の分析一覧

精力アップ効果分析リスト

アルギニン

 天然に存在するアミノ酸のひとつで、成長ホルモンの分泌を促進する。

 血管が広がって血液の流れが良くなり、勃起力が高まります。さらに血液の流れが良くなる効果により、筋肉が刺激に対して敏感になり、男女共に精力増強の効果が期待できる。細胞増殖の促進、つまり身体の細胞を作り出す働きがあり精液の生成に欠かせない成分とも言われています。

 アルギニンが不足すると老化の進行や生活習慣病、感染症などの病気への抵抗力が弱まる。特に男性機能に大きな影響を与えている成分のため、アルギニンが不足する事によって勃起力が低下したり精液の量が減るといった男性機能の低下が見られます。

 精力アップの他にも、抗酸化作用や、免疫反応の強化、肝機能の向上、筋肉の強化などに効果があると言われおり 若返り・美肌・肥満改善・育毛・老化予防・長寿および生活習慣病などにも効果があります

シトルリン

 アミノ酸の一種で、血液の流れをよくする効果がある。運動時の即効的なパフォーマンスアップにつながり、持久力の向上効果も報告されています。また「活力」「集中力」「記憶力」をアップさせる脳内の血流が高まる効果も期待できます。

 血液がサラサラになるので代謝がよくなり、免疫力がアップしたりお肌の調子が良くなるといった効果が期待でき、その結果として男性の下半身が強くなることにも繋がっている。

クラチャイダム

 タイ、ラオスを原産とした天然ハーブ。政府公認で健康に良いとお墨付きが出ている安全安心なハーブです。

 古くからタイシャム王国の男性に滋養強壮、栄養、精力の活力を漲らせる原材料ハーブとして親しまれてきました。アルギニンなどのアミノ酸も豊富に含んでいます。

ソフォン(赤ガウクルア)

 タイ国メコン川流域の特定地域に生息するハーブの一種で「赤ガウクルア」とも呼ばれています。

 タイでは古来より男性の強壮・強精に効く秘薬として伝承されてきた植物であり、部族の間で主に強精剤・催淫剤として使用されてきました。「天然のバイアグラ」と呼ばれ、精力向上や疲労回復、ED改善の効果が期待できます。

 PDEという勃起を終了させる酵素作用の働きを止め、勃起を持続させる効能がある。

マカ

 南米ペルーの標高4000〜5000メートルの高地に植生する植物で、根は薬用ハーブとして使われる。インカ帝国時代から重要な滋養食として栽培されてきた。

 血管を開き血液の流れを良くするアルギニンが含まれており、ペニスへの血の巡りが良くなることによる勃起力回復が見込める。また、カルシウム・鉄・タンパク質・亜鉛・アミノ酸など、マカには滋養・強壮・強精作用のある栄養成分が豊富に含まれているため根本的な精力の回復、増大に繋がります。

 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科の研究において、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対し、マカの効果が十分期待できるものと考えられると発表されている。勃起力向上の他にも美容効果、老化予防、生活習慣病などの予防改善の効能があると言われています。

トナカイの角

 北ヨーロッパでは昔から強壮剤・精力剤として使われてきました。

 元々は貧血に効く生薬として人気がありましたが、勃起不全患者(インポテンツ)に対する研究で勃起改善が確認されてからは精力剤として粉末の水溶液から抽出されたエキスが利用されている。

 滋養強壮や性機能の改善の他にも、免疫力の強化や老化予防にも効果があります。

オットセイ

 オットセイのオスの繁殖能力は圧倒的で、1頭のオスが20〜30頭、多い場合は100頭ものメスをしたがえてハーレムをつくり、繁殖期には飲まず食わずで1か月もの間、子づくりに励むことが有名です。

 そんな精力絶大なオットセイの筋肉から抽出された良質なタンパク質「カロペプタイド」が精力増強効果や血管拡張作用、新陳代謝促進作用として注目されている。末梢血管を拡張させる作用があることが解っており、ペニスが勃起・増大・膨張するために充分な血液を送る働きがあります。

 カロペプタイドは生物界でオットセイからしか取れない貴重な成分で、男性のペニスに対して直接的に働きかける成分であると考えられており、タフに頑張りたい男性に非常に役立ち重宝されています。

 徳川将軍家史上最も多い53人の子供をもうけたタフな将軍、11代将軍徳川家斉。政務からプライベートまで非常なタフさを発揮し続け活力みなぎる生涯を送った家斉は、将軍家伝統の活力食材オットセイを好んだと言われオットセイ将軍と呼ばれていました。

コブラ

 精力アップは勿論、勃起不全解消、射精抑制の効果があると言われており、特に勃起時の硬さと持続力に効果があると定評がある。

 コブラに含まれているアミノ酸の一種であるスペルミンは、精子を作り勃起中枢を刺激するといわれます。

マムシ

 マムシはまたひじょうに精がつく食品としても知られており、漢方などでも古くから血行促進や滋養強壮剤として広く使用されてきました。

 血行を促進する作用があり、血管が拡張されるために血液が流れやすくさせ男性の勃起力を改善する効能があります。

馬睾丸

 馬の睾丸はタンパク質の一種であるプロタミンをはじめ、核酸やミネラルなどが豊富に含まれ、また、テストステロンも豊富に含まれていて栄養学的に素晴らしいものがあります。

 馬の破壊的なペニスサイズとケタ違いの精力及びタフなスタミナは馬睾丸あってこそとされ、勃起力を大幅に向上させ、精子を作り、ホルモンバランスを整え精力減衰を食い止める働きがあり、疲れを取り除きスタミナ回復及び長時間のセックスにも耐えられる身体を作る効果がある。

スッポン

 アルギニンや亜鉛をはじめとした精力関連成分が含まれていることがわかっています。

 ほかに必須アミノ酸やビタミンA・ビタミンBなどによる造血作用も高いため、陰茎の海綿体の毛細血管に精力増大成分が流れ込む。そのため、スッポンを食べたり出汁を飲んだだけでも勃起力が大幅にアップすると考えられている。

 また、勃起力をアップさせるだけでなく、筋肉を作ったり骨を丈夫にしたり、疲労回復、免疫力の強化など、男性の体を強く丈夫にしてくれる作用のある栄養剤です。

トンカットアリ

 マレ−シアやインドネシアなど東南アジアの熱帯雨林に生える薬用植物。マレーシア人参とも呼ばれ、古くから現地の人達の間で滋養強壮、精力増強、勃起力改善を目的として服用されてきました。

 栽培は難しく、流通物は全て天然の物。さらに特定の現地住民しか自生している場所を知らないことや、一般人ではトンカットアリを見分けることが困難なことから入手することが非常に難しい貴重な植物です。

 男性ホルモンであるテストステロン値の変化に効果があり、精子量増加・性欲増加・筋肉量増加など男性の生殖機能増強に効果がある。セインズ・マレーシア大学とシンガポール大学で行った研究では、ペニスの硬直能力の向上、勃起力を増強させる効果が発見されています。

 高い抗酸化作用を持ったサポニンという成分が含まれており、体内の脂質やコレステロールの酸化を防いでくれ動脈硬化の予防になる効能がある。また、カッシノイドといわれる苦味成分が高い抗がん作用・抗腫瘍性があるといわれており、世界中で研究が進められています。


女性が群がる巨根をスマホで実現
デカチンデビュー